• TOP
  • アクセス
  • メールマガジン購読申込み・解除

Contact us

  • ワンダーマンコンセプト
  • ワンダーマンソリューション
  • コラム
  • 企業情報
  • 採用情報

電通ワンダーマン マーケティングソリューション(「電通デジタル・ソリューション2012」での当社講演より)

category
ワンダーマン・ニューズレター
writer
越尾 篤
series
Wunderman's view 108
date
2012年3月15日
themes
その他

今号のWunderman's viewでは、電通および電通グループ会社の共催による「電通デジタル・ソリューション2012」(2012年2月8日、9日、大阪)のセミナーにおいて、当社が行った講演の内容を抜粋してご紹介する。

9-Cell Matrixの概要
(講演者:当社アカウントプランニング本部副本部長 野口健介)

「9-Cell Matrix」は、マーケティング活動を「知見化」、「経験化」するために米国ワンダーマン社が独自に開発したメソッドで、マーケティングコミュニケーションの領域において、PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルに基づき業務を体系化する際に役立てることができる。

実施したマーケティング施策を「目的」、「ターゲット」、「ストラクチャ(構造)」、「アイデア」、「クリエーティブ」、「利益」、「結果」、「成功因子」、「失敗因子」の9つのセル(項目)で分類、記録、蓄積することで、企業内において知見の共有化が図れることから、さまざまな部署でマーケティング施策を実施する際に効率的に推進することが可能になる。

9-Cell Matrixの導入効果として、次の3点があげられる。

  1. コミュニケーション施策の費用対効果の最大化
  2. 全社でナレッジ/ノウハウの効率的な共有化
  3. 全社でPDCAでの業務サイクルの体系化が可能

皆様の企業においても、施策ごとにPDCAサイクルを回して改善を図っておられることと思うが、知見が個々の担当者に蓄積され、部門内あるいは部門をまたいで共有化が行われていないという悩みをお持ちではないだろうか。

最近のビジネス環境を反映してか、クライアント企業様から全社的に施策が知見化・経験値化されていないために同じ失敗を繰り返す、あるいは成功施策を積み重ねることができないことに対する相談をお受けする機会が増えている。

マーケティング施策を実施するごとに「学んだこと」を、次の施策に活かすことができる「9-Cell Matrix」では、このように社内に多くの知見を持ちながら、活用がうまく行えていない企業においては、特にその効果を発揮することが可能である。

「9-Cell Matrix」の詳細については、以下をご参照ください。

⇒ プロモーション管理メソッド「9-Cell Matrix」

ロイヤリティ・フレームワーク(LFW=Loyalty Marketing Framework)の概要
(講演者:当社アカウントプランニング本部アカウントプランニング・グループ プランニングディレクター 小笠原 更)

LFWは、米国ワンダーマン社が開発した顧客セグメンテーションメソッド。既存顧客が提供する複数のデータを、以下の3つの分析軸からなる座標軸空間上にプロットすることで、ロイヤリティ度を量り、セグメントを行う。

  • 心理軸:どの程度、そのブランドを"愛して"使ってくれているのか (Webやコールセンターなどへのアクセス情報などのデータから)
  • 行動軸:どの程度、企業としての売上・利益に貢献してくれているのか (商品やサービスの購入数や購入金額などのデータから)
  • 深度軸:どの程度幅広くサービスを利用しているのか (購入している商品や利用しているサービスの種類などのデータから)

上のセグメントの結果に基づき、既存顧客のロイヤリティ度の低い軸を引き上げる施策を展開することにより、顧客ロイヤリティの向上を総合的に図ると同時に、ブランドスイッチのリスクの極小化も実現可能である。

LFWにより、

  1. 顧客全体のロイヤリティ構造を把握できる
  2. 3軸で定義された、それぞれのポジションに応じたセグメントコミュニケーションの展開により、顧客を理想のポジションへ効率的にドライブを図ることができる
  3. 上記のロイヤリティ向上施策の効果指標の設定と、それを達成するためのロイヤル顧客育成プログラムを確立することができる
  4. 最終的に、顧客生涯資産価値(Life Time Value)の向上を実現し、ビジネス全体の成長につなげることが可能となる

LFWは会員組織を維持・管理されている企業・・・百貨店、カード会社、通信販売企業など、顧客の購買情報が確実に取れる業種では、特にその活用効果が期待できる。

「LFW」については、以下においても紹介しているのでご参照ください。

⇒ 「上得意ではない顧客」も「大切な顧客」~ロイヤリティ・フレームワーク導入のすすめ

⇒ 既存顧客活性化のためのMSPモデルサービスの提供

「9-Cell Matrix」と「ロイヤリティ・フレームワーク(LFW)」が、貴社のダイレクトマーケティング施策の展開にどのように役立つのか・・・ご関心のある方は、ぜひ一度、当社にお声かけいただきたい。

*「9-Cell Matrix」、「Loyalty Marketing Framework」は、米国ワンダーマン社の登録商標。

【ワンダーマン・ニューズレター】 Wunderman's view一覧へ

コラムは毎月1回メルマガでも配信中 購読はこちら(無料)


PageTop

Copyright © Wunderman Dentsu, Inc. All Rights Reserved

ISO/IEC 27001:2013(JIS Q 27001:2014) 電通ワンダーマンは、
右記のセキュリティ認証を取得しています。

ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014